O脚矯正の事ならお任せ!

40代女性のスキンケアに本当に必要なものとは?

40代主婦です。この年代の女性のスキンケアは本当に難しいと思います。容姿にがくっと老いを感じて「なんとかしなくちゃ」と逼迫感でもって美容情報をかき集める時期でありながら、子育てや親の老後にお金がかかる時期でもあります。家族の将来のためには一銭たりとも無駄なお金を出せない時期に、最も効果的な方法は何かと誰もが模索している世代が40代です。肌を若返らせる効果のある新しい成分配合の新化粧品が発表される一方で、「芸能人に人気の某高級クリーム」は実は一部の香料を除けばスーパーで簡単に手に入る安価なドイツ製の某クリーム(青い缶が目印)と成分が全く同じという噂がまことしやかに聞こえてきます。


また、外科的手術によるシワ取りも日進月歩で進歩し、美容整形への偏見も少しずつ消えつつある今日、レーザーをあてて手っ取り早く返信する方法もあります。アンチチェインジング法が多種多様化し、巷に美容関連の情報があふれかえる中、私たち40代の女性は肌のハリや弾力を取り戻そうと必死なのに、いったい何を信じたら良いのか分からないのが実情です。こんな時「迷ったら基本に返る」これが最善の方法だと私は考えます。言うまでもなく、健康こそが美の原点です。「痩せなきゃ」と言いつつ、自分の正確な体重すら正確に知らないという人は案外多いもの。年に一回きちんと健康診断を受けて、早寝早起き、規則正しい生活にバランスの取れた食事、運動不足にならないこと、十分な睡眠を心がけ、健康を維持することが何よりも大切だと思います。肌には「保湿」。スキンケアの基本に返り、保湿を促す乳液を基本に保湿が足りなければプラスアルファアでクリームや美容液を加えます。紫外線は肌を老化させるのは周知の事実ですから、日中はUVカットを怠らない、これで十分です。


そして私たち40代の女性が今まで以上に気を配らなければいけない事は、「婦人科とのお付き合い」です。乳がん・筋腫・子宮頸がんなど、婦人科系の疾患・病気の発生率の高い年代に私たちはいます。更年期の症状が出始めている人も少なくないでしょう。婦人科に足を運んで、治療の必要な病気がないか確認しましょう。かかりつけ医ができれば、ホルモン補充療法について聞いてみるのも良いと思います。40代は女性ホルモンが減収する時期なので、ホルモンを足すことで「肌にツヤが出た」「シワが薄くなった」というのはよく聞く話です。今までの肌の悩みが一気に解決するかもしれません。私たち40代の女性は、いわば「美への岐路」に立たされているようなものです。一刻の猶予もなりません。情報にまどわされず基本に立ち返り、今まで以上に健康的に暮らすことが美への最も近道であると私は考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です