O脚矯正の事ならお任せ!

10~20代の年齢別のスキンケアの方法

スキンケアと一言でいっても、実は年齢によってその方法は異なります。間違ったスキンケアをすることで、せっかくのケアもケアでなくなることがあります。年齢に合ったスキンケアをすることが大切です。まず10代から20代ですが、特に皮脂の分泌が活発な10代から20代前半は、できるだけ皮膚を清潔に保つことが大切です。にきびが出来やすくなったり、Tゾーンが夕方になるとテカったりすることが多くなります。また、おしゃれを優先して、厚化粧をしたり、目元に過度にアイラインやアイシャドウなどを入れて、マスカラを重ねづけしたものの、きちんとクレンジングできていないと、後々、年齢とともにその時のツケが回ってくることになります。時間をかけてじっくり、しっかりクレンジングをして、汗や皮脂の汚れをしっかり洗い流すことで、清潔な肌を保つことができます。にきびが出来やすい脂性の人でも、しっかりと化粧水を浸透させて肌のターンを正常化させることが大切です。


また、薄くで良いので保湿クリームを塗ることも大切です。にきびが気になる場合は、皮膚科で処方してもらった薬を塗ったり、ビタミン配合の市販のにきび薬を塗っておくと良いでしょう。くれぐれも、触ったりひっかいたりしないことも大切です。また、髪の毛の先に触れないようにすることも重要です。それから、この時期からしっかりと紫外線対策をすることも忘れてはいけません。紫外線対策を怠ると、30代から50代くらいにかけて、しわやしみ、肌荒れ、肌のたるみなど、様々な老化現象を引き起こすことになります。夏場は、汗をかきやすいので、こまめに紫外線対応の日焼け止めクリームを塗ることも大切です。また、1年中できれば薄く日焼け止めを塗っておくと、より効果的です。また、10代後半から20代にかけては、特に社会人になりたての人に多いのですが、暴飲暴食や睡眠不足など、生活が不規則になりがちです。肌のサイクルを整えるためにも、脂っこい食事や糖分のとりすぎはできるだけ控えて、ビタミンをしっかり取る食事をするように心がけましょう。そして、喫煙は絶対やめるようにしましょう。飲酒もほどほどにして、睡眠は最低でも7時間は取るようにし、質の良い眠りを取ることが、肌を潤い整わせるために大切なことになります。


また、腸内環境を整えることで、にきびを減らす効果もありますので、水分をしっかり取って適度な運動をすることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です