O脚矯正の事ならお任せ!

冬の手荒れのスキンケアには手袋を使おう。

冬の乾燥する時期になると、手荒れに悩む人が増えると思います。普段の手荒れに比べて、手ががさがさするだけではなく、手の皮膚や指先が裂けたり割れてしまったり、指紋がなくなってしまうほど荒れてしまって、春になるまで治らないという人も少なくないと思います。このような時期には、手荒れ対策のスキンケアに、夏よりも保湿効果の高いハンドクリームを使ったり、手が荒れないようになるべく水仕事をしないようにしたりする人は多いんじゃないでしょうか。水仕事をする場合にでも、お湯を使うと脂分が流れてしまって余計に荒れるからと、我慢して冷たい水で水仕事をしている人はたくさんいると思います。このような乾燥して手荒れがひどくなる時期のスキンケアとして、他の時期よりも保湿効果の高いハンドクリームを使ったり、ナイトケア用の綿100%の手袋を使うと、手荒れ対策に効果がある場合がよくあります。


それ以外にも、普段から綿100%の手袋をしておいて、なるべく埃を触らないようにするというだけでも、十分手荒れ対策になります。きちんと掃除をしているから大丈夫と思っていても、見えない埃があるかもしれないので、埃で手の脂分を失われないためにも、ハンドクリーム以外に手袋は必須アイテムだと思います。この手袋の使い方ですが、1つ知っておいた方がいい、手軽にできてハンドクリームのスキンケア効果を高めることのできる使い方があります。それは、水仕事をする場合に、ゴム手袋と綿の手袋とハンドクリームを使う使い方です。女性の場合だと、家でも会社でも水仕事をしなければならないという人は結構いると思います。この水仕事をする場合に、会社ではゴム手袋しか使えないところが多いとは思いますが、家で皿洗いなどの洗い物をするときには、ゴム手袋の下に綿の手袋をしておくと、手荒れがひどくなり辛いということがあります。


また、綿の手袋をする前に保湿効果の高いハンドクリームを塗っておいてから綿の手袋をつけて、その上に重ねてゴム手袋を付けてお湯で皿洗いをすると、ホットパックのような効果も期待できます。保湿効果の高いハンドクリームが、お湯の温度で暖まることによって、肌になじみやすくなって、ハンドクリームの効果がより高まるような感じになります。冬の乾燥する時期には、他の時期よりも入念なスキンケアが大切です。けれど、こういう手軽に生活に取り入れられて、毎日続けられる方法を試してみることも大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です