O脚矯正の事ならお任せ!

スキンケアで老化を予防

適切なスキンケアを行えば、老化を予防することができます。老化と特に関連深い習慣は、乾燥と紫外線なのです。肌が乾燥した状態で紫外線を浴びるのが最も悪いのです。水分が行き渡っている肌というのは、透明感があるものです。


しかし、ターンオーバーが乱れてきて乾燥肌になると、次第に水分が不足して乾燥してきます。乾燥すると透明感が失われて、確実に老けて見えるようになります。皮をぬいたリンゴを例にすると分かりますが、そのまま放置しておくと乾燥してシナシナになるはずです。乾燥肌とは、まさしくこの状態なのです。乾燥肌の対策といえば、肌に合ったスキンケア用品の使用をあげる人がいるでしょう。しかし、この方法だけではいけません。体の外側の対策を行うと同時に、内側からもケアしていく必要があるのです。


そのための簡単な方法は水分補給です。水分を効率よく補給するためには、こまめな補給が基本となります。一気に500mlなどの大容量を飲み干すという方法では、あまり吸収されないのです。そのまま体外に排出されてしまうので、ムダになってしまいます。これは、栄養に関しても言えることです。スキンケア用のサプリメントを服用する場合、1日3回に分けて飲んだほうがいいのです。1日の目安量が3粒ならば、朝・昼・夜と分けて飲んでください。目安量が1粒ならば、いつ飲んでもかまいません。美容成分の吸収をよくするためには、食後に飲むのがいいでしょう。胃腸の働きがよくなっているので、速やかに吸収されるのです。高価な美容成分にこだわる方は多いですが、なぜか吸収率にはそれほどこだわらないのです。吸収率が著しく低ければ、飲んでもほとんど意味がないということです。吸収率にこだわるならば、ドリンクタイプがおすすめです。液体は体にスムーズに吸収されるのです。乾燥肌の方のスキンケア用品は、低刺激タイプを使用するのが基本です。肌がピリピリするようであれば、刺激が強すぎるのです。刺激が強いと思ったら、すぐに使用を中止することです。できれば、サンプルを用意している商品から試したいものです。あとは、実際に使用してみて試すしかありません。ちまたで人気の商品でも、自分の肌に合うとは限りません。試す以外には相性は分からないのです。肌が乾燥してくると、かゆみを感じるようになります。また、使用するスキンケア用品が強すぎる場合も、かゆみを発生させます。クレンジングオイルは強力であるほど皮脂の除去能力が高いですが、乾燥を招きやすいのも事実です。肌がカサカサになるようであれば、洗浄力の弱いタイプに変更するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です